焚火までの眠り

パネルに和紙、油彩、岩絵の具、水干絵具

1300×970mm 

2019

 

かつて飢饉の際に記録された救荒植物のリストがあった。米沢の「かてもの」、

青森で出会った三陸野草の本には600種類もの植物と植物ごとに数通りの調理方法が掲載されている。

その植物はいまは食べられることなく、野山にひっそりと生えている。

救荒植物はいまの私たちの生活とはほど遠い。

 

調べては描いていくうちに少しずつ植物に詳しくなる。

花をみて、この下に埋まっているものが食べられるものだと思い出す。

青森では道すがら飢饉塔を見かけ、ふと野草の本について考える。

いまは食べる必要はないが、覚えておこうと思う。