浅野 作品画像_edited.jpg

 

トトリムクと畑の賜物

パネルに和紙、油彩、岩絵の具、水干絵具

3240×1620mm 

2018

 

 

 

木の実食文化を探す旅

韓国山間部発祥のトトリムクというドングリ料理がある。

学生の頃に山形の山間部で栃餅と出会い、日本の木の実食文化について調べていた。

この料理のことを知って、いつか韓国を訪れてみたいと思っていた。

そうして訪れたのがチョンソンだった。

チョンソンはソウルから車で3時間ほど。

アリラン市場という市が月に数回立つ。

特産物のツルニンジンの皮をむくお婆さん、コンドレパブというアザミの葉っぱの炊き込みご飯、瓶につけられたいくつもの薬草酒が並んでいる。

 

夜、真っ暗闇の山道を車でしばらく走る。

宿に着くと女主人が優しく迎え入れてくれた。

 

翌朝外にでると、山々に囲まれた畑が広がっていた。

畑を歩くと、おばあさんがコンドレパブを干していた。かまどはまだ熱く、早朝に摘み取ってきたものを煮ている様子だった。

山形でこれまでに出会った料理とよく似ていて、そこで調理する女性たちの姿も重なってみえた。