トチを食べる

    キャンバス、油彩、箔

  3900×1303mm 

    2014

 

女性が栃の木を受け継ぐ話がある。

栃の実は飢えをしのぐための貴重な”かてもの”

 

あるいは雪深い地域で保存食として重宝されてきた。

 

山形県の行沢という地域では、いまでも栃の実を食べている。

 

行沢には栃の木の共同林が存在する。

 

口開けの日、女性たちは皆で山に入り、手分けをして栃の実を拾う。

 

皮むきもまた共同で行う。

 

それは夜通し続くこともあった。

 

一晩中聞こえてくる賑やかな声。

 

歌う人、踊る人。ときには子供をあやす子守唄も聴こえてくる。

 

栃の灰汁抜きは親から子の代へ受け継がれ、

 

いまも行沢の女性の手によって守り続けられている。