浅野 友理子

食文化や植物の利用を切り口に、様々な土地を訪ねています。

出会った人たちとのエピソードとともに、そこで受け継がれてきたものを記録するように描いています。

1990年  宮城県多賀城市生まれ 

2015年  東北芸術工科大学大学院芸術工学研究科修士課程修了

 

(個展)

2022年  "草木往来"長門屋ひなた蔵/山形

      "脈脈"ツォモリリ文庫/東京

2021年  "綯い交ぜ"ビルドスペース/宮城

2020年  "植物をしたためる" ビルドスペース/宮城

2019年  "土の熟れるころ" ビルドスペース/宮城

2018年  "山のくちあけ" 馬喰町ART+EAT/東京

2017年  "肥沃の森" 馬喰町ART+EAT/東京 

​      "畑のうぶごえ" ビルドスペース/宮城

2014年  "トチを食べる" アートルームEnoma/宮城

(グループ展)

2022年 "みちのおくの芸術祭 山形ビエンナーレ2022"/山形

2021年 "ウォールアートフェスティバルふくしまin猪苗代/福島

       "エマージング・アーティスト展"銀座蔦屋書店/東京

       "現れの形象"ARTDYNE/東京

2020年 "みちのおくの芸術祭 山形ビエンナーレ2020"/山形

     "ウォールアートフェスティバルふくしまin猪苗代/福島

2019年 "青森EARTH2019 いのち耕す場所 農業がひらくアートの未来" 青森県立美術館/青森

     "たべもの、いきるための"もうひとつの美術館/栃木

2018年 "みちのおくの芸術祭 山形ビエンナーレ2018"/山形

     "第7回 東山魁夷記念 日経日本画大賞展"上野の森美術館/東京

2016年    "若手アーティスト支援プログラムVoyage 日々是好日 -根づくもの 脈々と" 塩竃市杉村惇美術館/宮城

     "たべるとくらす" はじまりの美術館/福島

2014年 "紅花colors" あゆーむ/山形

2013-2018年 2021-2022年 "灯篭絵展示会ひじおりの灯" 肘折温泉街/山形

 

(受賞歴)

2020年 "VOCA展2020 現代美術の展望ー新しい平面の作家たち"

     大原美術館賞受賞

(その他)

2022年 多賀城市パブリックアート制作

 (所蔵)

多賀城市、塩竈市、山形市、公益財団法人大原美術館、ビルドフルーガス